耳垢取り ピンセット

大きな耳垢取りにはピンセットが便利

スポンサーリンク

新陳代謝が活発な子どもの場合、耳垢取りをしてもすぐに耳垢が溜まってしまいます。
しかし、子どもの耳垢取りは、子どもが動いたり、嫌がったりするため、傷つけないように耳垢を取るのは難しいものです。
耳の中を見てみて、大きな耳垢が見えた場合には、ピンセットで取りたくなるものですが、どのようにすれば良いのでしょうか。
まず、子どもの耳垢取りの方法は一般的に綿棒を使用するようにします。
綿棒を使う際には、皮膚を傷つけないように、優しくぬぐってあげる程度に力を入れないように行なうようにしましょう。
綿棒で無理に耳垢を取り除こうとすると、耳の中を傷つけてしまうだけではなく、耳垢を奥に押し込んでしまう可能性もありますので、注意が必要です。
子どもの耳は小さいため、赤ちゃん用の小さめの綿棒を使用すると良いでしょう。
なお、奥にある耳垢も時間の経過とともに耳の入口付近に出てきますので、奥にある耳垢については無理に取る必要はありません。

スポンサーリンク

耳の奥に耳垢が見えるという場合で、それを取りたいという場合でも無理に取り除くのはやめましょう。
ただし、大きい耳垢を取り除くという場合には、ピンセットを使用するようにしましょう。
子どもの耳は耳の入口から鼓膜までの距離が短いため、傷つけないように注意が必要です。
ピンセットは、耳掃除をするための専用の物を使用するようにしましょう。
先端が丸くなっているため、耳の中を傷つけにくく出来ています。
ピンセットの場合は綿棒とは異なり、耳に触れることがないため、嫌がらずに取らせてくれる子どもも多いようですが、取り除くのは耳の入口にある耳垢のみにします。
もし、耳の奥に耳垢があるという場合には、耳鼻科を受診するようにしましょう。
耳を傷付けることもなく、綺麗に耳垢を取り除く事が出来ます。
小児耳鼻科であれば、子どもの扱いに慣れているということもあり、素早く耳垢を取り除いてもらうことが出来ます。
耳垢の取り過ぎは、耳を傷つけてしまうため、頻繁に行なうのは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク