耳垢水 作り方

家庭でも出来る耳垢水の作り方

スポンサーリンク

耳垢が大量に溜まってしまっている場合、無理に取り除こうとすると、耳の中を傷つけてしまったり、痛みを生じる可能性もあります。
そこで、耳掃除を行う前に耳垢を柔らかくふやかしてから取り除くようにしましょう。
耳垢を柔らかくするために使われるのが、耳垢水と呼ばれるものです。
耳鼻科などに相談することで、処方してもらうことも出来ますが、自宅で簡単に作ることも出来ます。
家庭でも出来る耳垢水の作り方としては、炭酸水素ナトリウムと精製水、グリセリンを混ぜるだけです。
使用する際には、耳垢水を室温まで温めてから使用するようにしましょう。
手のひらで温めてから使用することにより、点耳をした時にめまいを起こすことを防ぐことが出来ます。
耳垢水の作り方が分からないという場合や、大量に必要ではないという場合には、無理に作らずに耳鼻科に相談するようにしましょう。
作り方や使い方については、インターネットなどで調べることが出来ます。

スポンサーリンク

耳掃除は、間違った方法で行うと耳の入り口にあった耳垢を奥に押し込めてしまう可能性があります。
大量に耳垢が溜まってしまうと、それが原因で炎症が起こってしまうことがあります。
耳に痛みがある、聞こえにくさを感じるという場合には、早めに耳鼻科に相談するようにしましょう。
耳鼻科では、専用の器具を使用して、安全に耳垢を取り除いてもらうことが出来ます。
特に、耳の穴が小さく見えにくい、掃除をしにくいという赤ちゃんの場合には、無理に耳掃除を行わずに、耳鼻科に依頼することが重要になります。
耳垢水を点耳した後は、数分間は横向きの状態を保つ必要があります。
黙って横になっているのが苦手な子どももいますので、気をそらせるようにしましょう。
耳垢水を使用することにより、耳垢が水分を吸い、耳垢が耳の中を圧迫してしまうため、痛みを伴う場合がありますので注意が必要です。
一度に全ての耳垢を取り除くことが出来る場合もあれば、数回に分けて取り除く必要がある場合もあります。

スポンサーリンク