耳垢 ドロドロ

耳垢がドロドロなタイプ

スポンサーリンク

耳垢には個人差があり、一般的にはドロドロやべたべたとした湿り気のあるタイプと、かさかさの乾燥タイプの二種類に分類されます。
日本人ではどちらかというと乾燥タイプの方が多くみられるという特徴がありますが、外国人などはドロドロタイプの方が多いと言われています。
またこういった耳垢のタイプは基本的に両親からの遺伝であるために、どちらかの親と同じであることがほとんどです。
ちなみにこの耳垢のタイプは汗腺の種類にも関係があるために、汗腺でもアポクリン汗腺が多い場合は耳垢もドロドロしたものになり、腋などの体臭も強くなるという特徴があります。
また耳垢は基本的に耳にゴミや虫などが入らないようにする役割があることから、あまり頻繁に耳掃除はしない方が良いでしょう。
もっとも音が聞きにくくなるほどに耳垢が溜まった場合などは耳掃除をする必要がありますが、やりすぎるとかえって耳を傷つけてしまうことにもなるので、あまり深く頻繁に掃除をすることは控えた方が無難です。

スポンサーリンク

耳掃除の注意点として湿り気のあるタイプの方が掃除をする際、耳の奥へ垢を詰めてしまうことで、耳の病気になりやすい傾向にあります。
とくに鼓膜の方まで詰めてしまうと、音が聞き取りにくくなってしまいます。
そうならないためにも耳掃除は奥深い場所まで行わず、かつ回数も控えめにすることが大切です。
しかしもし奥に詰まってしまった場合は、点耳薬を使用して奥に詰まった垢をふやかして取るようにしましょう。
使用方法としてはまず横になり、点耳薬を片方の耳に入れます。
そのままふやけるまで少し待ってから、今度は耳にガーゼを当てて点耳薬を入れた方の耳を下にして横になると、耳からふやけた垢が出てきます。
これは中耳炎の時に膿を取り出す際にも使用される方法で、耳鼻科でも実行されています。
ちなみに点耳薬を耳に入れる際には、冷たい状態で入れてしまうと耳鳴りやめまいといった症状が出てしまうこともあります。
そのために少し点耳薬を人肌程度に温めてから使用するようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク