赤ちゃん 耳垢 病院

赤ちゃんの耳垢は病院でとってもらうのがおすすめ

スポンサーリンク

赤ちゃんをお世話する中で、耳垢はどのようにお世話したらいいのか悩む人も多いと思います。
大人のようにおとなしく耳を触らせてくれる赤ちゃんはまれですし、いたとしても大人のように耳掻きでとってもいいのか、頻度はどれくらいですればいいのか、耳を傷つけたりしないか、などわからないことだらけの人が多いのではないでしょうか。
結論から言うと、赤ちゃんの耳掃除は大人のようにしてあげる必要はありません。
耳垢は放置しておけば自然と中から押し出されて出てくる仕組みになっているため、耳の入り口をお風呂上がりなどに綿棒で軽くぬぐってあげるだけで問題ありません。
その際、耳の穴の中に耳垢が見えても決してとろうとしてはいけません。
綿棒ではおしこんでしまうことになるため、耳に汚れが詰まってしまう原因になります。
耳掻きでは赤ちゃんの柔らかい皮膚を傷つけてしまうおそれがあるのであまりおすすめできません。
何より動いてしまう可能性が高いため危険です。

スポンサーリンク

それでも、耳垢がたくさんあるのが見えて耳の穴をふさぎそうだという場合には、病院でとってもらうのがおすすめです。
耳掃除くらいで病院にかかってもいいのかと思うかもしれませんが、そのまま放置して中耳炎や耳の聞こえが悪い状態になってから病院にかけこむよりは早めに来てほしいと思っているドクターが大半です。
赤ちゃんのためにも、気になったら早めにいってあげましょう。
専門家のもとなので、耳を傷つけるおそれもなく安心してとってもらえます。
ほとんどの自治体では乳幼児の医療費は無料か大半を負担してくれるので、医療費の心配もいりません。
乳幼児のうちは、病院で定期的に耳を見てもらうと安心です。
風邪をひいたあとなどに中耳炎を発症することが多いのですが、自覚症状がない場合もあります。
特に意思表示ができない時期の赤ちゃんは耳の異常があってもそれを伝えることができないので、定期的に見てもらうことで病気を早期に発見し治療することが可能になります。

スポンサーリンク