耳垢が臭い 原因 病気

耳垢が臭い原因は病気なのか

スポンサーリンク

耳垢が臭い原因は病気なのかと考えてみると、必ずしもそうではないことがあります。
耳の内部に皮脂を分泌する皮脂腺が存在し、体内から出る脂肪を分泌液とともに出します。
耳の中は細かな毛が生えており、毛穴が存在します。
毛穴の奥に皮脂腺があり、代謝とともに皮脂も分泌されます。
皮脂は誰でもにおいがします。
また、皮膚のターンオーバーにより皮が剥がれて分泌液と混合し皮脂化します。
中高年期に皮脂分泌量が多くなると耳垢がたまりやすくなりますが、周囲に臭いにおいがするということは少ないでしょう。
耳垢を取ったときに膿みが出てきた場合、何らかの原因により炎症を起こし、そこに皮脂などが付着し、細菌が繁殖することで膿んでしまうことがあります。
この場合、綿棒や耳かきの使用により内部を傷つけていることが多いです。
中耳炎や外耳道炎などの病気により耳垢が臭いということもありますが、耳垢が臭いからといって必ずしも病気であるとは限らず、耳垢を意識しすぎて触りすぎるというのが原因であることも多いです。

スポンサーリンク

中耳炎や外耳道炎は耳の病気ですがその原因は炎症によるもので、炎症の多くは、耳かき行為によるキズが多いです。
とくに年棒の使用による内耳のキズが多く、これにて中耳炎となることが多いです。
傷口に細菌が入ると膿をつくります。
プールや入浴施設などの利用で耳から細菌が入り、中耳炎となると、耳垢はしっとりとした白濁した液状になり、その分泌物の臭いは非常に臭いにおいがします。
外耳道炎も同様で、耳の奥の方の部分で何らかの原因によりキズが出来ると、乾燥しにくい耳の中で皮脂分泌による影響から細菌が繁殖し、耳垢がべたつき臭くなります。
そもそも耳垢は、角質表皮の剥離(ターンオーバー)によることで発生します。
耳垢を取りすぎる行為は、ターンオーバーのスピードに加速を掛け、過剰分泌を促す原因ともなります。
さらに耳垢は、外部からのほこりなどの異物を止める役割もあり、皮脂腺から皮脂分泌によりほこりをキャッチするという役割もともになるため、適度な掃除が一番いいのです。

スポンサーリンク