赤ちゃん 耳垢 大きい

赤ちゃんの大きい耳垢を取るには

スポンサーリンク

赤ちゃんは生まれてすぐに沐浴を行い、体を綺麗にします。
退院してからも、自宅で沐浴をしますが、沐浴後に耳垢の除去をします。
生まれたばかりの赤ちゃんの耳垢は、黒いものが出てきます。
初めてお母さんになった人はビックリすることが多いですが、問題が無いことがほとんどです。
黒いのは、お腹の中にいた時に羊水が耳に入って黒くなったものであり、耳の中の羊水が取り除ければ、黒くなくなってきます。
赤ちゃんの耳垢は、大人のものと違って、しっとりと湿り気があるのが特徴です。
大抵は黄色や茶色っぽいものが耳から出てきます。
除去の仕方は、ベビー綿棒などの大人よりサイズの小さいものを使い、耳の出入り口から1センチ以内の範囲をくるっと綿棒でなぞる程度で良いです。
大人よりも耳の大きさがとても小さいので、奥まで入れようとすると、すぐに皮膚か傷ついてしまったり、外耳炎などの原因にもなります。
垢は自然と外側へ出てくるので、見える範囲のみケアすると良いです。

スポンサーリンク

時々大きい耳垢が耳の奥に見える場合があります。
出来れば除去したいという思いに駆られてしまいますが、無理に取らずにしばらく様子をみるのが大切です。
後になって、出口付近に近づいてくれば簡単に取ることができます。
しかし、もし赤ちゃんがしきりに耳を気にしたり手で触るような仕草が繰り返し見られたら、耳鼻科へ行って診てもらうのが良いです。
耳鼻科では、耳の中に異常が無いか見てくれる上に、大きい耳垢も綺麗に除去してくれます。
自分で取ろうとする時に、赤ちゃんが動き回って綿棒が奥に入ってしまう事故もあるので、耳掃除の際は十分に気をつけて清潔にしてあげると良いです。
また、毎日しっかり掃除する必要はなく、1週間に一度など、間を空けて掃除をする程度で問題ないです。
お風呂上がりは、耳の外側に溜まった水などを軽く拭き取るだけで良いです。
大きい耳垢は、赤ちゃんも取れるとスッキリするので、様子を見て耳鼻科に行くか判断することが大切です。

スポンサーリンク