子供 耳垢 大きい

子供の大きい耳垢はどうしたらいい

スポンサーリンク

子供の耳はとてもちいさいものですので、耳垢があっても取るのは怖いなと思ったことはないでしょうか。
新生児の時には、お風呂上りに、子供用の綿棒で、耳の穴の入り口をくるりと一回りすればいいというように教えてもらうことがります。
とはいえ、耳の入り口だけ綿棒で拭っていても、大きな汚れはたまってしまいます。
また、子供が大きくなると、耳の穴も同様に大きくなるので、綿棒で中までほじくりたくなるというような衝動を覚えるという人も中に入るのではないでしょうか。
しかし実際は、耳垢を綿棒などでほじるのはやめたほうがいいというのが耳鼻科医の意見とされています。
麺棒を使って耳の中をごそごそすることによって、耳の中をこすってしまって、出血してしまったり、またひどい時には子供が突然動いて、鼓膜を傷つけてしまうというようなことも想定されるからです。
さらに、最近言われているのは、耳垢というのは、自浄作用によって、自然と耳の外に出てくるということが言われています。

スポンサーリンク

大きい耳垢はとくに、見つけると、とれるのではないかということで、ついつい奥まで探してしまうものですが、できるだけ触らずにしておくということが大事だそうです。
とはいえ、何もしないまま放置してると、ものすごく大きい耳垢が固まってしまうということもあります。
子供が、最近返事をしないなとか、テレビの音を大きくしているなというように気が付いたら、耳の中を見てみましょう。
大きいみみあかが入っているということがあります。
自分では取らずに、耳掃除をお願いしますということで、耳鼻科に依頼しましょう。
いきつけの耳鼻科を作っておくというのもいいでしょう。
子供が鼻風邪をひいて連れて行く時に、ついでに耳を見てもらい耳垢を取ってもらうというのも気軽にできるようになります。
こどもも気持ちがいいというのがわかるので、同じ先生に耳掃除をお願いするようになれば、次第に慣れて嫌がらずにできるようになるというのも、かかりつけを作るという事のポイントです。

スポンサーリンク