耳垢 すぐ たまる

すぐたまる耳垢はどうすればよいのか

スポンサーリンク

耳垢がすぐにたまってしまい、いちいち掃除しないといけないという悩みを抱える人が今増えています。
しかし、実はいちいちこまめに耳掃除をしていること自体が耳垢がさらにたまる原因となっていたのです。
耳垢とは、そもそも菌や異物から耳を守るために存在しているものです。
成分としては、耳から剥がれ落ちた細かな皮膚が空気中の物質やチリと反応を起こし、やがて垢になっていく、というものです。
その垢はだいたい2、3週間かけて体外に放出されます。
それが耳の外側にたまっていくのです。
成分ともなる耳の皮膚は、古い表面の皮膚が自然と剥がれ落ちてできたもの。
ですので、2週間以内にいちいち耳掃除をやりすぎることは新しい耳の皮膚をがりがりと傷つけていることになり、やがて炎症を起こすことにも繋がってしまいます。
炎症が起きていると判断されて、放出頻度が高まってしまいます。
掃除をすればするほど悪循環にはまってしまうことになるのです。

スポンサーリンク

新しい皮膚を傷つけずに、適切な頻度で耳掃除をすることがすぐたまることへの対処法です。
さらにやり方にも注意しないといけないのですが、まずゴリゴリこすりつけないことが前提です。
あくまで優しいタッチで行うようにしてください。
やり方ですが、まず、耳に対してまっすぐに綿棒を入れ、ゆっくりと回転させるようにして垢を取り除きます。
そのまま丁寧に穴から出し、これを繰り返せば正しいやり方となります。
意外と正しいやり方でできている人はあまりおらず、知らないうちに耳を傷つけてしまっていることが多いです。
これが酷くなってしまうと、炎症が酷くなって外耳炎や耳垢栓塞などの病気になってしまうかもしれません。
そうなる前にきちんと対処しておきましょう。
耳はとてもデリケートな器官であり、奥には細かな神経がたくさん集まっています。
これを傷つけると体の様々なところにも影響します。
特に内臓系に危険が及ぶとされています。
耳垢のたまる原因を正しく理解し、それにあった対処をしていくことが健康な耳をつくることになるのです。

スポンサーリンク