耳垢がたまりやすい 原因

耳垢がたまりやすいときに考えられる原因

スポンサーリンク

自分の耳の耳垢がたまりやすい、あるいは溜まりやすくなったと感じている人はいませんか。
耳垢がたまりやすいのには、意外な原因があります。
耳垢には大切な役割があり、その1つには抗菌作用が挙げられます。
耳垢に含まれている成分には抗菌作用があります。
耳には鼓膜などのように、音を感じとるための大切な器官があります。
そのため、耳の中に細菌を繁殖させてはいけないのです。
また耳の中の皮膚の粘膜はとても薄いです。
それらの粘膜を傷つけないために耳の内部を保護すると言う役割も持っています。
耳垢がたまりやすい原因の1つには耳掃除のやり過ぎが考えられます。
耳掃除によって皮膚が傷つけられてしまい、それを保護しようとして、耳垢が大量に発生するのです。
ですから耳かきは週に1、2回程度のペースで行うのが最も良いでしょう。
もう一つは、自分の置かれた環境が悪化していると言うことです。
耳の中にほこりなどの異物が多くなると、それらが鼓膜に到達してしまわないように、耳垢が多く作られてしまうのです。

スポンサーリンク

また耳垢が溜まりやすい原因の1つとして、何らかの病気が関わっているといったことは今のところ確認されていません。
てすが耳垢が多いことによって起こる病気があります。
その一つに耳垢栓塞が挙げられます。
これは耳垢が異常に増えてそれらが塊となり、外耳道を塞いでしまうという病気です。
この状態になると耳がかゆくなったり、聞こえづらくなったり、耳鳴りが起きるといった症状が現れます。
耳垢を取り除くことでこれらの症状は改善されます。
ですがもし耳垢が固まっていて簡単に取り除けない場合には、専用の液体で固まった耳垢をふやかして取り除く方法があります。
耳垢は人間にとって耳の皮膚を守るためのとても重要な存在であり、やがて排出されるようにできています。
ですから耳掃除の範囲は耳の入り口から1cm付近までにしましょう。
奥の方を掃除すると必要な耳垢までとってしまうだけでなく、耳の皮膚を傷つけてしまい、外耳炎を起こす可能性も高まります。

スポンサーリンク