耳垢 取り方 正しい

耳垢の正しい取り方は奥まで無理に掃除をしないこと

スポンサーリンク

耳が痒いと思ったら、耳垢がたくさん溜まっていたという経験がある人もいるでしょう。
人によっては耳垢が多くて頻繁に耳掃除をするという人もいるかもしれませんが、実はわざわざ自分で掃除をしなくても自然と耳の中から外に出るようになっているのです。
そもそも耳垢とは何なのかと言うと、耳の奥で分泌される分泌液と外から入ってきた埃、それと耳の中の皮膚が剥がれ落ちたものとが混ざり合ったものです。
これだけ聞くと積極的に取り除くべきだと思われがちですが、実は殺菌作用があるために耳の中で細菌が繁殖するのを防ぐ役割があるのです。
また、耳の中の感想を防ぐという働きもしています。
ただの老廃物だと思われがちですが、ただの老廃物ではなく耳の中を健康に保つには欠かせない存在なのです。
しかし、溜まり過ぎてしまうと耳垢塞栓といって耳の中が塞がれた状態になってしまうこともあります。
普段は気にする必要はありませんが、音がよく聞こえないという状態になったら病院で一度診てもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク

気持よくてついつい耳掃除をし過ぎてしまうということがありますが、実はこれはあまり良いことではありません。
耳掃除でよく使われる綿棒ですが、正しい取り方をしないで使用していると耳垢が奥の方に押し込まれてしまうのです。
自分では綺麗にしているつもりでも、取り方が間違っているために逆に奥に溜め込んでしまっているという場合もあるのです。
そうならないためには、耳掃除を行う際の正しい取り方を覚えておく必要があります。
耳掃除をする道具としては綿棒やピンセットがありますが、綿棒を使う際には耳の奥まで入れないことが大事です。
入れる場合は入口から1センチぐらいまでを意識すると良いでしょう。
実は耳垢というのは耳の奥のほうで分泌されているのではなく、意外と耳の入り口近くで分泌されているのです。
そのため、無理に奥まで掃除をする必要はありません。
ピンセットを使った耳掃除は自分で行うのは困難ですが、子供に耳掃除をしてあげる場合には有効な手段の一つです。

スポンサーリンク